読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOKOTA’s diary

最近はドローン関連が多いですが…ECやデータ解析、3Dプリンタなども。

家族のSoftbank携帯を、すでに使っている格安SIM「IIJmio」に追加・ファミリープランに乗り換え

格安SIM ソフトバンク IIJmio

元々、IIJmioのライトスタートプラン(5GB)を1回線利用しており、月々3000円前後の支払いをしていました。私自身、ソフトバンクからIIJmio(ドコモ回線)に切り替えて1年ほどが経過しますが、特に問題なく利用しています。

今回家族の携帯買い替え(iPhone5S→6S)ついでに、IIJmioのファミリープランを一緒に使うほうがお得だということがわかり、家族分の回線もIIJmioのプランに追加することになりました。

www.iijmio.jp

格安SIMファミリープラン、トータルでかなりお得

元々の支払いと追加分をざっくり計算すると、

  • 1台目(iPhone6Plus)のライトスタートプラン3,000円
  • 端末代金は24分割として、4,500円と仮定
  • 2台目(iPhone5S)でソフトバンク契約で9,000円(端末代金含む)
  • 合計16,500円/月

2台目のiPhone5SをiPhone6Sに変え、ファミリープラン(10GB)を一緒に使うと

  • ファミリープラン4,000円
  • 1台目(iPhone6Plus)端末代金4,500円
  • 2台目(iPhone6S)端末代金4,500円
  • 合計13,000円/月

実際は、1台目の端末はすでに一括支払いなので、2人分10GBのデータプラン(音声つき)で10,000円以下となりました。

既存のIIJmioプランに、他社携帯を乗り換えさせる場合の全体像

全体像は下記のとおり。

  1. IIJmio会員ページより、ファミリーシェアプランへプラン変更
  2. 追加端末の変更前キャリアで名義変更
  3. 追加端末の変更前キャリアで予約番号発行
  4. IIJmio会員ページより、追加SIMの手続きと審査
  5. SIMが登録住所に発送し利用開始

1.ファミリーシェアプランへの変更

1つのIIJmioプランに複数SIMをシェアして利用する場合は、「ファミリーシェアプラン」を利用する必要があります。すでにIIJmioで契約している場合、以下3つのどれかのプランに該当するはずですが、

  • ミニマムスタートプラン
  • ライトスタートプラン
  • ファミリーシェアプラン

ミニマムスタートプラン、もしくはライトスタートプランの場合は、SIM追加の前に「ファミリーシェアプラン」へのプラン変更をしておく必要があります。そして、注意点として、このプラン変更は、毎月月末までの受付で、翌月1日からの変更のため、事前に対応しておく必要があります。

2.追加する端末側の名義変更

既存のファミリーシェアプランに、新しくSIMを追加する場合、追加される端末名義を、IIJの契約名義と同一にする必要があります。そのため、MNPするための予約番号発行前に、各キャリアで名義変更手続きを行わなければなりません。

ソフトバンクの場合は、ソフトバンクショップに行かなければ手続きができないです。

通常、ソフトバンクの場合、名義変更手数料が3000円ほどかかるのですが、今回費用が発生しませんでした。というのも、複数端末の契約がある場合は名義変更手数料が無料になるらしいのです。(機種変更時に意味なく付与された電話番号契約があったため)。しかし、問題は「パケット定額料金」...

ソフトバンクの場合、パケット定額料金は毎月10日締ですが、

パケット定額料金は名義ごとにかかる

ということで、15日に名義変更した場合、変更前名義分(10日~15日)と変更後名義分(15日~翌月10日)の2つ分の料金が徴収されるということでした。(1名義5,700円なので11,400円…)

さすがに、聞いてないし、という内容でうんざりしますが、「決まりなので・・・」という対応。こういうのがあるので、3キャリアで携帯は契約したくないです。

なお、この名義変更は反映までに1日かかるということで、一緒に予約番号を発行しようと思ってもできません。 お昼に名義変更手続きをして、翌日朝に変更が反映されるということでした。

3.予約番号の発行

IIJ側のプランがファミリーシェアプランに変更され、追加する予定の携帯の現キャリアで名義変更を行ったあと、ようやく予約番号を発行します。

ソフトバンクMNP専用窓口「0800-222-8765」に電話を行い、契約時or名義変更時の暗証番号4桁を入力し、オペレーターといくつか確認をしたあと、携帯のSMSにMNPの予約番号が届きます。

f:id:ashyktj:20160117142700p:plain

有効期限内に、IIJにて追加SIMの登録を行う必要があります。

4.ファミリーシェアプランに追加SIM手続き

予約番号が発行されたら、IIJmioの会員ページで「追加SIM」手続きをする必要があります。

www.iijmio.jp

追加SIM手続きを行い、審査情報(運転免許の写真など)をアップロードすると、IIJにて審査に入り、1日くらいで審査が完了しSIMが発送されます。

新規のIIJmio加入手続きと異なり、SIMのエントリー番号などをAmazonビッグカメラなどで購入しておく必要はなく、追加SIMの場合はIIJにてSIMが発送されます。

※私は知らずに、AmazonでSIMのエントリー番号を購入してしまいました。。

格安SIMへのファミリープラン移行時トータルコスト

  • 名義変更手数料:無料(複数回線ある場合は無料)
  • パケット通信料追加分:5,700円(★)
  • 解約手数料:10,260円(★)
  • MNP事務手数料:3,240円
  • SIMカード追加手数料:2,160円 家族のSIM乗り換え費用合計:21,360円

ちなみに、新しい端末の代金と今後のファミリープランの基本料はこのように。

  • iPhone6s SIMフリー版:109,000円(appleローン24回払い)
  • 月額換算:約4,500円
  • ファミリープラン:4,276円=2,560円+700円(既存SIM)+700円(追加SIM)+消費税

月々の家族2人の費用合計:約8,300円

解約に伴う費用は、特殊な条件でないと、中々下げる事ができませんので今回は諦めました。おそらく一番費用がかからないのは、更新月の前月にファミリープランに移行して、翌月10日に名義変更を行い、その翌日に予約番号発行(MNP手続き)をするのがベストです 。

何かの参考になれば。