読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOKOTA’s diary

最近はドローン関連が多いですが…ECやデータ解析、3Dプリンタなども。

30,000円ではまぐりを3Dプリントする@DMM.make Studio

3Dプリンタ 3Dスキャン DMM.make

f:id:ashyktj:20160201114439j:plain

はまぐりを3Dプリントしてきました。

f:id:ashyktj:20160201114434j:plain

ちゃんと裏表、対になっています。

f:id:ashyktj:20160201114437j:plain

とある、職人さんから、
「はまぐりを130%拡大して、3Dプリントしてほしい」 という命を受けて実施したもので、とても喜んでいただけました。

こちらの3DプリントはDMM.make STUDIOで3Dスキャンと3Dプリントをしたものです。2日間にわたし作業を行い完成しました。スタッフの方にも色々助けていただき、とても使い心地が良かったです。

DMM.make AKIBA(Base/Hub/Studio)

DMM.make AKIBAはシェアスペースで、オフィスとして登記できたり、コワーキングスペースがあったり、3Dプリンタだけではなく、レーザーカッターや、サーモカメラ、2.4Ghz/5Ghz技適プレ試験など色々と設備が充実しており、ものづくりに大変便利な環境が提供されています。

akiba.dmm-make.com

今回は「Studio」を1日ドロップインを2回利用してきました。Studioは、ドロップインの場合、12時間で5,000円という金額です。今回利用した3Dスキャンは有料でしたが、多くのマシーンが無料で利用可能であり、3Dプリンタもその一つです。

以下、このような流れです。

  • DMM.make Studioの初回利用の流れ
  • 3Dスキャンではまぐりを撮影する
  • 3Dプリンタではまぐりを出力する
  • はまぐり2個を出力するまでにかかった費用

DMM.make Studioの初回利用の流れ

まず、Studioの利用には、オンラインで会員登録が必要です。 akiba.dmm-make.com

会員登録を行ったら、利用機器の予約をメールで行います。ドロップインの場合は原則1周間先からの予約が可能なようです。予約したい機材名と日時を記載してメールします。

10F_Studio 及び 12F_Baseのフロント、またはメール(reserve@akiba.dmm-make.com)にて承ります。
予約したい機材名と、ご希望の⽇時を第三希望までご記載ください。
 予約機材名:XXXX
 第⼀希望⽇時:2015/XX/XX XX:XX〜 XX:XX
 第⼆希望⽇時:2015/XX/XX XX:XX〜 XX:XX
 第⼆希望⽇時:2015/XX/XX XX:XX〜 XX:XX
 ライセンスの有/無をご記⼊ください。
https://akiba.dmm-make.com/files/information/MachineList.pdf

なお、Studioを初めて利用する場合は初回ガイダンスが必要です。30分〜1時間ほどでしたが、ドロップインを利用する場合は、朝早くやったほうがいいので、私は10:00にDMM.make Studioにいきガイダンスをうけました。おそらく、機材予約のメール時にガイダンスについての話もあるはずです。

いざ、DMM.make Studioへ

秋葉原の駅すぐ富士ソフトビルなのですが(東京都千代田区神田練塀町3富士ソフト秋葉原ビル)、どこから入るのかがさっぱりわかりませんでした。HUBなどのバーがあるビル内に「Studio 10F」と書いてあるのですが、どのエレベーターも10F行きがない…。

掃除のおばさまに聞くと、外から入れるということを教えていただきました。ここです。

f:id:ashyktj:20160201114442j:plain

関係者用の入り口みたいでとてもわかりづらいです。管理人にStudioの予約メールを見せて業務用のエレベーターで10Fにあがります。ごみとか運んでいる大きいやつです。

f:id:ashyktj:20160201114358j:plainf:id:ashyktj:20160201114400j:plain

10Fに到着してインターホンで到着の旨をつげて無事Studioの利用を開始することができました。

f:id:ashyktj:20160201114404j:plainf:id:ashyktj:20160201114406j:plainf:id:ashyktj:20160201114405j:plain

中はおしゃれです。

3Dスキャンではまぐりを撮影する

ガイダンスを終了し、いよいよ3Dスキャンの開始。私が所有しているダヴィンチは3Dスキャンもできますが、非常に制度が低いのですが、DMM.make Studioにおいてある3Dスキャンは、複数の写真を様々な角度から撮影して、専用ソフトで結合していくものです。

media.dmm-make.com

時間をかけて、大量の写真を撮影してつなぎ合わせれば、かなり高精度なスキャンが可能だと思いました。

f:id:ashyktj:20160201114408j:plain

3Dスキャン前には、光沢を抑えたり、白くするために(黒はスキャンできない)現像などに利用するスプレーを対象物に吹きかけるところからスタートです。

f:id:ashyktj:20160201114413j:plain

対象をターンテーブルにおき、専用カメラでパシャパシャと角度を変えながら撮影していきます。

f:id:ashyktj:20160201114416j:plain

専用のソフトで撮影した画像をグルーピングし、グループ同士結合して一つのオブジェクトを作っていきます。最終的にマージを行い一つのSTLデータ(3Dプリントが可能な形式)を出力します。

満足行く仕上がりにするためには、大量の画像を取得する必要があり、予想以上に時間がかかりました。はまぐり2つで4時間ほどです。

3Dプリンタではまぐりを出力する

STLデータができたので3Dプリントができるのですが、その前に「STL Editor」を用いて、穴が開いているところを塞ぐ作業があり、地味にこれが大変でした。というのも、このSTL Editorのバグですぐにアプリが落ちることが多々有り…。オブジェクト自体が大きい上に、操作内容もメモリを大きく使いそうなので小さいところから少しずつ作業を行うことで完遂できました。

なお、このSTL Editorなどを利用するためには、ライセンスキーなどが必要であり、専用のPCをお借りしての操作です。都度相談しながら進めさせていただきました。

そして実際の出力ですが、DMM.make Studioに置いてある3Dプリンタは「Afinia」という機器であり、パーソナルな非業務用の3Dプリンタでした。今回の作業内容というか、出力の大きさの点でぎりぎりでした。

AFINIA(アフィニア) H480 3Dプリンタ ワインレッド

AFINIA(アフィニア) H480 3Dプリンタ ワインレッド

f:id:ashyktj:20160201114424j:plain

加工したSTLデータをAfiniaのツールに食わせて配置を行います。倍率を130%にしたり向きを配置したりなど、通常の3Dプリンタと変わらない操作でしたが、印刷設定などは少し注意が必要です。

f:id:ashyktj:20160201114422j:plain

「ピッチ制度」が0.15mm〜0.4mmまで選ぶことができましたが、小さくすればするほど出力時間もかかります。また、印刷物の足元にあたる「サポート」部分の大きさも10%〜90%など設定できますが、最終的に30%にするもののとても時間に関係してきました。

最終的には、ピッチを0.2mm、サポート30%にした上で出力開始しましたが、20cm四方のはまぐり一つが4.5hもかかりました。

f:id:ashyktj:20160201114423j:plain

しかも、Afiniaのノズル部分が詰まって途中から出力ができなくなる…などの災難もあり、やり直しだけで大きな時間をロスしました。結果的に2日間で収まったからよいですが、それを超えるのであれば、プリントサービスにお願いしたほうが安くつくと思います。

はまぐり2個を出力するまでにかかった費用

さて、はまぐり(裏表で2個)を出力するためにかかったコストですが、、

内容 数量 合計価格
Studioドロップイン 2日 10,000円
3Dスキャナ初回利用 30分 3,200円
3Dスキャナ追加分 4時間 8,000円
3Dプリンタ初回ボード購入費 1個 5,000円
ロッカー利用料 1日 400円
消費税 2,128円
合計 28,728円

ご飯や移動を入れたら約30,000円ほどです。(作業費は別) ちょっと高いですが、こんなにも簡単に制度高く3Dプリントできるのであれば儲けモンです。

なぜ、このはまぐりを3Dプリントしたかったのか?

冒頭にも記載のように、このはまぐりは130%拡大を行い3Dプリントをすることが目的ですが、そもそもこれをやる背景には、「はまぐりに日本画を描きたい」という想いがあります。

実物のはまぐりに描ければベストですが、大きな貝はそんなに多くなく、このモデルとなったはまぐりでも相当大きな部類です。

f:id:ashyktj:20160201114441j:plain

自然の貝は当然ですが、裏と表がきっちりと重なりあいます。自然の貝が生み出すこの自然な重なりを表現しつつ、日本画を描きやすいサイズにして、さらに焼いて磁器にします。つまり、この3Dプリントは型取りをするためのモデルであり、まだまだ後工程があるのです。。大変です。

まずは、「磁器作成用の型作成」というステップはこれで完了したので、ひとまず良いスタートが切れて依頼主も安心されたようです。良かったよかった。

*** ちなみに、この後、穴が少し開いている部分などをパテで埋めたり、

f:id:ashyktj:20160201114431j:plain

ヤスリなどで削りながら周辺や細かい凹凸を調整しています。

f:id:ashyktj:20160201114435j:plain